Emacs

提供: j8takagi wiki
移動: 案内検索

Emacsの魅力

  • カスタマイズ可能
  • Mac、Linux、WindowsのいずれのOSでも同じ機能を使える
  • 手軽に正規表現が使える
  • 情報が豊富

インストール

Mac OS XやLinuxの場合、ソースからインストールできる。


Windowsの場合、NTEmacsを使う。

旧版

ノウハウ

OSによる設定の切り替え

init.elなどでは、system-type変数を使うことで、OSにより設定を切り替えることができる。 例えば、Linux用の設定をinit-linux.elファイルに記述し、次の記述をinit.elに記述する。

(if (eq system-type 'gnu/linux)
    (load "init-linux"))

OSの種類は、次のとおり。詳細は、system-type変数のHelpを参照。

  • gnu(GNU Hurd)
  • gnu/linux
  • gnu/kfreebsd(FreeBSD)
  • darwin(Mac OS X)
  • ms-dos
  • windows-nt(MS-Windows)
  • cygwin

ウィンドウシステムによる設定の切り替え

init.elなどでは、window-system変数を使うことで、 ウィンドウシステムにより設定を切り替えることができる。 この場合、OSによって切り替える場合と違い、ターミナル内でEmacsを使うときに設定が反映されない 例えば、x-window用の設定をinit-x.elファイルに記述し、次の記述をinit.elに記述する。

(if (eq window-system 'x)
    (load "init-x"))

ウィンドウシステムの種類は、次のとおり。詳細は、window-system変数のHelpを参照。

  • x(X window)
  • w32(MS-Windows)
  • ns(GNUstepまたはMacintosh Cocoa)
  • pc(a direct-write MS-DOS frame)