Ubuntu Linux

提供: j8takagi wiki
移動: 案内検索

Ubuntu Linuxインストール時の設定

端末の起動

初期状態でLauncherなどデスクトップに端末がない。

Ctrl + Alt+ tキーを押すと起動できる。

CtrlキーとCaps Lockキーの交換

[システム設定-キーボードレイアウト]から[オプション]

[Ctrlキーの位置-Caps LockをCtrlとして扱う]

ほかの項目でも交換できる。ただしその場合、Terminal上でCtrl+Shiftキーの操作、 たとえばCtrl + Shift + cキーでのコピーやCtrl + Shift + vキーでの貼り付けができない。

HOMEディレクトリーのファイル名

日本語環境でインストールすると、インストール直後、ホームディレクトリーの下に 「テンプレート」「ドキュメント」「ピクチャ」「公開」など日本語名のディレクトリが 作成される。トラブルを避けるよう英語のファイル名にするには、端末から次のコマンドを実行

LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

環境変数の設定

環境変数の設定ファイル

環境変数は、UNIX系OSでは伝統的に.bashrcファイルなどで設定する。この場合、ログインユーザーごとに設定される。

Ubuntuでは.bashrcファイルのほか、/etc/environmentファイルで設定することもできる。 この場合、すべてのユーザーに対して環境変数が設定される。

sudo時の環境変数

Ubuntuの初期設定では、sudo時に環境変数が変わる。 この設定を無効にするには、visudoコマンドでsudoの設定ファイルを開き、次の行をコメントアウトする。

Defaults secure_path = ...