『日本のもの造り哲学』

現在の日本の会社の経営、あるいは経済について考える上で真っ先に読むべき1冊だと思いました。
経営者の方とか、経済学や経営学を専攻している専門家や学生さんに読まれている本だと思いますが、
ほかにも、就職活動中の人、株などの投資の興味がある人、そして企業の内外で活動している人にすぐに役立つ内容が含まれています。また、コンピュータ技術に詳しい人にとって特に興味深い内容になっています。


続きを読む