アドエス導入始末1

6/15にケータイをAH-K3001V(京ポン)からAdvanced W-ZERO3(アドエス)に機種変更した(どちらも正確にはWILLCOMのPHS端末だが)。写真の、左が京ぽん、右がアドエスである。京ぽんとアドエス

ケータイの機種変更についてはだいぶ前から考えてはいた。ちなみに、京ポンで一番不満だったのは、自宅の部屋の中でほとんど電波が通じないことである。そのため、部屋にいるときに電話がかかってくると、外に出て電話を続けるのが通例となっていた。

しかし、日本の携帯電話には行き詰まりのようなものを感じていて、他社への乗り換えは気がすすまないでいた。パソコンやインターネットの世界が「オープン化」や「標準化」によって大きな便利さ・進歩を実現してきたのに対して、日本の携帯電話は閉ざされた世界を形成している。そのため、私には日本の携帯電話はつまらなく思えたのである。いっそiPhoneが出るのを待とうか、とも思っていた。

そんなときに、家にダイレクトメールが届いた。2年間WILLCOMとの契約を続けるならばアドエスへの機種変更が実質無料になる、との内容である。iPhoneが出るのを待つか、2年縛りですぐにアドエスをゲットするか。かなり悩んだあげく、アドエスを選ぶことにした。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。