プレビュー 2015/9/18 甲府対鹿島戦

予想布陣

鹿島の予想布陣は、次のとおり。

GK: 曽ヶ端
DF: 西、青木、ファン、山本
MF: 山村、小笠原
    遠藤、カイオ
FW: 金崎、鈴木優磨

甲府の予想布陣は次のとおり。

GK: 河田
DF: 山本、津田、土屋
MF: 松橋、バラナ、下田、阿部翔
    阿部拓、稲垣
FW: バレー

鹿島は、DF昌子の故障離脱が続く一方、MF柴崎が復帰。

前の試合で良い出来だったとはいえないファンに変えて
植田を使ってほしい気もします。
甲府は、前線のバレーをターゲットにした攻めを多くみせるはず。
植田がどこまでバレーに対抗できるか見てみたいです。

柴崎は日本代表でも出番がなく、十分な休養がとれているのではないでしょうか。
この試合で十分暴れてもらいたいです。

そして、FWには前の試合で不調だった土居・赤崎に代わり、
鈴木優磨の抜擢を希望します。
もっともGELマガによれば、練習でダヴィも元気なようなので、ダヴィ・金崎2トップの起用が現実的なのかもしれません。しかし今だったら、ここまで何回かチャンスがありながらよいプレーをみせていないダヴィよりも、前の試合で可能性を感じさせた優磨こそが見たいのです。

悔しい敗戦—レビュー 2015/9/12 鹿島対G大阪戦

鹿島アントラーズ Offical
jleague.jp
サッカーダイジェスト

1-2の敗戦。

負けたことも悔しいのですし、
警戒していた宇佐美にいいようにやられてしまったこと、
そして鹿島のキーマンと考えていた山村、土居が
それぞれ負けの原因となってしまったことも
痛恨でした。

スタメン発表。
なぜ、左サイドになぜカイオではなく聖真?
聖真を真ん中、赤崎の位置で使い、カイオを起用するものだと思っていました。

試合は当初、鹿島が主導権を握っていたように思いました。
あわや米倉のオウンゴール、というシーンもありました。

しかし前半12分、山村が凡ミスからパトリックにボールを奪われ
あわや失点、かろうじて止めるもイエローカード…、
というシーンあたりから流れがすっかり変わり、
ガンバのペースになります。

そして、29分、39分と、宇佐美の連続失点。

このあたり、DF陣もダメでしたが、
それ以上に攻撃がまったく形になっていませんでした。

右サイドからは遠藤や西から何度かチャレンジするも
ゴール前につなげられず、左サイドの土居はまったく
消えていました。

攻撃が形にならない状態は、後半に入っても続きます。
後半17分にカイオが出場して土居がトップ下に移ると、
左サイドはある程度活性化します。
しかし、まだまだゴール前のチャンスは作れない状態。

後半29分、土居に代わって鈴木優磨登場。
鈴木優磨は、Jリーグ初出場。
先週の天皇杯対琉球(J3)戦に出場し、鋭い突破をみせていた優磨。
しかし正直、ガンバ大阪守備陣に通用するとは思えず、
この交代で石井監督は勝負をあきらめているのではないかと思っていました。

しかし、優磨はこの試合でも鋭い動きを見せ、空気を変えます。
後半41分のヘディングは惜しくも枠外。
後半45分、やはりヘディングでゴール。
2-1に追いすがります。しかし、反撃もここまででした。

この試合、疑問だったのはまずスタメン。
なぜカイオを使わず、土居を真ん中でなく左で使ったのか。

2013年にトニーニョ・セレーゾに抜擢されて以来、
土居が力を発揮しているのは真ん中(1.5列目)であり、
左サイドでよいプレーをした試合はあまりないと思うのです。

ただし、そういった起用法は別にしてもこの日の土居は
低いパフォーマンスでした。後半17分にポジションを移しても、
パフォーマンスは改善しませんでした。

トラッキングデータで見ても、とくにスプリント回数6回
(90分換算では約7.3回)というのはあまりにさみしい数値です。
総走行距離8.33km(90分換算では約10.13km)というのも、
運動量の少なさで定評ある宇佐美を下回る数値です。

私は、土居は同い年の宇佐美に負けないポテンシャルをもっていると思っています。
それだけに厳しい言い方をすれば、この日の敗戦は宇佐美と土居の差だったともいえます。
早く挽回することを期待しています。
まずは、本来のパフォーマンスを早く取り戻してほしいです。

山村は、J1第10節の全出場選手のなかで総走行距離が1位だったそうです。しかし、前半のミスは直接の失点にはならなかったとはいえ、あまりにも大きなプレーでした。

残された希望は、鈴木優磨。フィジカル、スピード、そして決定力を備えたFWとして育ってほしいです。

プレビュー 2015/9/12 鹿島対G大阪戦

好調鹿島が王者G大阪に挑む試合、
そう考えたいです。

今のG大阪には、Jリーグで
やや不調なようにも見えますが、
昨年3冠の王者にふさわしいサッカーを
していると思います。

そうしたチームと戦えるのはうれしいことだし、
倒しがいのあるチームであるといえます。

予想布陣

鹿島の予想布陣は、次のとおり。

GK: 曽ヶ端
DF: 西、青木、ファン、山本
MF: 山村、小笠原
    遠藤、カイオ
FW: 金崎、土居

G大阪の予想布陣は次のとおり。

GK: 東口
DF: 米倉、岩下、丹羽、藤春
MF: 遠藤、今野
    倉田、阿部
FW: 宇佐美、パトリック

鹿島は、DF昌子の故障離脱と、MF柴崎の出場停止が残念。

とくに昌子は、G大阪とは深い因縁をもつ選手であり、
昨年2014/10/5の試合では怪我をおしての出場、
今年6/3の試合では本来のCBではなく左SBでの出場でした。
それを考えるとなお、本人は無念でしょう。

とはいえ、昌子がG大阪線で活躍する機会は今後も多くあるだろうし、
今回は代役の好調・青木に期待したいです。

年齢構成

両チームとも、ボランチの2人も含めたDF陣は中堅・ベテランでバランスのよい年齢構成。
9/12時点での年齢は、次のとおり。

曽ヶ端	36
西	28
ファン	26
青木	32
山本	30
小笠原	36
山村	25
--------------------
平均	30.43
標準偏差	4.47
東口	29
米倉	27
岩下	28
丹羽	29
藤春	26
遠藤	35
今野	32
--------------------
平均	29.43
標準偏差	3.10

一方、前線には両チームとも若手選手を揃えています。

遠藤	27
カイオ	21
金崎	26
土居	23
--------------------
平均	24.25
標準偏差	2.75
倉田	 26
阿部	 26
宇佐美	 23
パトリック 27
--------------------
平均	25.5
標準偏差	1.73

守備陣、攻撃陣とも、両チームが同じような
年齢構成なのは興味深いところ。

鹿島は植田、G大阪は西野と、
U-23の中心となるセンターバックの選手を
擁している点も両チームに共通します。

山村

さて、鹿島守備陣での注目は、
ボランチの山村選手。

石井監督就任後にセンターバックから
ボランチにコンバートされ、
出場機会が増えています。

なかでも、9/6のナビスコカップ対FC東京戦は、
強さを生かしたボール奪取、中盤でのパスの起点と、
素晴らしい出来。

高い攻撃力を持ち、実績のある遠藤・今野の
ボランチコンビを擁するガンバ大阪相手に
優れたプレーを継続できるか、真価が問われます。

ここで勝利につながるよいプレーをすれば、
さらに上のレベルにあがれる予感がします。

流通経済大学時代の山村は、ともすれば自由を
はき違えたりさまざまな誘惑に負けたりするような
環境にあって、周囲から一目置かれるほど
真剣にサッカーに取り組んでいたそうです。

鹿島アントラーズ入団後も、
昨年など出場機会を得らなかった時期も、
他チーム移籍などの選択はとらず
じっと耐えた山村選手。
きっとその間も真剣にサッカーに
取り組んでいたんだと思います。

そんな山村選手の努力が実を結ぶことを期待しています。

土居

鹿島攻撃陣の注目は、土居。

土居にはこの試合で発奮すべき理由が3つあります。

  1. G大阪ディフェンス陣へのリベンジ
  2. 不調だったFC琉球戦からの立ち直り
  3. 同年のライバル、宇佐美

1. G大阪ディフェンス陣へのリベンジ

土居は、昨年2014/10/5のホーム・ガンバ戦で65分、
目の覚めるようなダイレクトのスライディングシュートを決めました。
また、鹿島の先制点となる赤崎のゴールシーンも土居のパスが起点でした。
この試合、結局2-3で鹿島が敗れたことは、
2得点とも美しいゴールシーンだっただけに、
よりいっそう無念でした。

しかし、前回6/3のG大阪戦では、相手から研究、マークされて
いたこともあってか、土居が消えていた時間が長く、
チームも0-2と完封負けに終わりました。

石井監督に替わって以来好調の鹿島のなかで土居は、
先発出場したときには中盤とフォワードのポジションを
自由に行き来する「1.5列目」、途中出場したときには
積極的にゴールを目指すスーパーサブという2つの役割を
よく果たしています。

そうしたプレーがG大阪戦でもみせられるか、注目です。

2. 不調だったFC琉球戦からの立ち直り

9/10のFC琉球戦で鹿島は3-1で勝利したものの、
内容的には格下の相手に攻められている時間も長く、
優れた内容と手放しでいえる内容ではありませんでした。

田中滋・鹿島アントラーズ番記者はこの試合について、
「ゆるい」と評しています(有料記事)

G大阪戦では、ぜひともこうした批判を見返してほしいです。

3. 同年のライバル、宇佐美

土居と宇佐美は、ともに1992年生まれ。

小さい頃から天才少年と騒がれ、昨年のG大阪3冠王への貢献、
今期もここまでトップの16得点、日本代表選出など、
派手に活躍する宇佐美。
それと比べると、土居の活躍は地味に見えます。

しかし、守備も含めたチームへの献身や周囲を生かす能力、
スタミナなど、宇佐美とは異なる良さが土居にはあります。
このまま自身の得点数で宇佐美に追いつくのは
むつかしいかもしれないが、まわりのカイオや
遠藤、金崎などを生かし、あるいは彼らに生かされながら
プレーすれば、チームとして宇佐美たちを
上回る攻撃をすることは十分可能なはず。

ここで大いにアピールし、日本代表に土居が
選ばれるきっかけにしてほしいです。

以前の鹿島アントラーズ同様、今の日本代表には
停滞している印象があります。
日本代表が停滞から脱するために必要な選手の一人は、
チームへの献身と個の能力を兼ね備えた土居聖真選手だと
思うのです。