人と人のドラマー風雲児たち(2)

Amazon

風雲児たち (4) (SPコミックス)

『風雲児たち』の3巻おわりから4巻はじめは、壮絶な「宝暦治水伝」、時代がワープして1753(宝暦3)年から1755(宝暦5)年が舞台になっている。そしてそのあとは、前野良沢杉田玄白平賀源内田沼意次林子平高山彦九郎工藤平助中川淳庵・・・といった個性の強い人物が次から次へ登場し、ドラマを織り上げていく。

人は出合い そしてまたわかれる

その離散集合のくり返しが 人と人の歴史をつづってゆく

人は生きる 己れにしかない個性をひっさげて

(『風雲児たち』(リイド社)4巻、P.291-P.292)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です