『代替医療のトリック』II – 医療の限界

『代替医療のトリック』。先日のブログでも記載したとおり、第II章から第IV章は、《科学的根拠にもとづく医療》をもとに鍼、ホメオパシー、カイロプラクティック、ハーブを検証した結果、効果が小さいという結論を得たということが記載されています。こうした記載は慎重、公平、論理的に論が展開されており、反論はむつかしいと思われます。反論できるのは、通常医療に詳しい知識を持つ方が、綿密に内容を精査した場合だけでしょう。その場合でも、結論が逆転してしまうことは考えにくいです。

だとしたら、「代替医療」は完全にこの世から駆逐すべきなのか。本書を読んだあと、個人的に鍼やカイロプラクティックを使うことは考えにくくなりました。だけど、現在もっとも成功の可能性が高く危険性の小さい治療方法は通常医療である、という本書の結論は受け入れがたい面があります。自分の身近な人または自分自身が、通常医療で治る可能性が低いといわれた場合はどうすればよいのでしょうか。あるいは、風邪や腰痛などといった身近で困る病気には、通常医療でもあまり効果がないことが本書で示唆されています。

場合によってはプラセボ効果などにより代替医療の方がよい成績が得られる可能性もある、ということを第II章から第IV章までの検証で解釈することもできるでしょう。プラセボとは、患者が治療効果を信じている場合に、偽または効果のない治療によっても得られる効果のこと。例えば、患者が通常医療に不満を持ち代替医療は信頼している場合には、プラセボにより代替医療の方がよい成績を得られる。こうした仮説は、本書の検証内容と矛盾していないと私には思えるのです。

本書の第IV章「真実は重要か」は、こうした疑問に応える内容になっています。いわば、「代替医療」に対してとどめを刺しているといえるでしょう。ただし、この章は第II章から第IV章までとは違い、著者の「意見」が記述されています。

我々がプラセボにもとづく代替医療は用いるべきではないと考える主な理由のひとつは、医師と患者の関係が、嘘のない誠実なものであってほしいと思うからだ。この数十年ほどのあいだに、医師と患者が情報を共有し、十分にインフォームド・コンセントにもとづいて関係を作り上げていく方向にはっきりと合意が進んだ。それにともない、医師たちは、成功する可能性が最も高い治療法を用いるために、《科学的根拠にもとづく医療》の立場をとることになった。プラセボ効果だけしかない治療に多少とも頼ることは、目指すべき目標のすべてをくつがえすことだ。(315ページ)

医者と患者の関係が嘘のない誠実なものであってほしい、という点に基本的には同意します。しかし、このことがどんな場合でも絶対に正しいのか、といわれると疑問があります。例えば、がんはどんな場合でも必ず告知するのが正しいのでしょうか。

本書では、代替医療はトリックに過ぎないという主張がされています。しかし、それと同時に通常医療にも限界があることが示されているように思うのです。病気になったときは、限界があることを認識しながらも、通常医療を受ける、医者と医療と科学を信頼する、というのが現在考えうる最上の方法でしょうか。希望は、通常医療は科学的根拠にもとづき日々進歩しているという点に残されているということはいえるかもしれません。